敗戦も自信は揺るがない。浦和のペトロヴィッチ監督「我々の強さは変わらない」

2015年07月20日(Mon)6時00分配信

photo Dan Orlowitz
Tags: , , , , ,

20150719_misya_getty
ミハイロ・ペトロヴィッチ監督【写真:ダン・オロウィッツ】

 明治安田生命J1リーグ2ndステージ第3節が19日に行われ、浦和レッズはサンフレッチェ広島に1-2と逆転負けを喫した。

 試合後、浦和のミハイロ・ペトロヴィッチ監督は「非常にいいゲームができた」と切り出し、こう続けた。

「同点に追いつかれるまでは、この3年半でもベストに数えられる内容だった」

 勝利した広島はもちろん称賛されるべきチームだが、「我々が今日見せたパフォーマンスは今後に必ず繋げられる。先の見通しはポジティブ」と語ったペトロヴィッチ監督の言葉は強がりではないだろう。

 敗れた理由は明確。追加点を決められなかったことだ。「65分までに4、5点取っていなければいけなかった」と指揮官が言うように、試合を終わらせることのできる場面は何度もあった。それを逃し続ければ潮目も変わってしまう。

 浦和としてはこの負けを引きずることなく、再び勝利を重ねていくことが求められる。「負けはしたが、我々の強さは変わらない」。そう断言したペトロヴィッチ監督の言葉を証明する戦いが、これから始まる。

【了】

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top