左膝十字靭帯を断裂した宮市。5回の長期離脱を振り返る

2015年07月24日(Fri)11時43分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

左膝十字靭帯を断裂した宮市。キャリア5回の長期離脱を振り返る
左膝十字靭帯を断裂した宮市亮【写真:Getty Images】

 ザンクトパウリの日本代表FW宮市亮が左膝十字靭帯を断裂した。23日、クラブ公式サイトが発表している。

 今夏アーセナルからドイツ2部のザンクトパウリに移籍した宮市。練習試合ではゴールを決めるなど順調な滑り出しをみせていただけに、痛恨の負傷となった。今回の負傷は約半年の離脱となるとみられている。

 宮市がプロキャリアにおいて長期離脱の負傷をしたことは今回で5回目だ。初めての長期離脱はアーセナル下部組織時代に足首の負傷で約1ヶ月の離脱を強いられた。その後2012年にはレンタル移籍先のウィガンで同じく足首を負傷。3ヶ月以上離脱すると、アーセナルに復帰した2013年にも約4ヶ月に渡って負傷している。

 最も長期の離脱となったのが2014年3月の太ももの肉離れだ。約8ヶ月の離脱中にはくるぶしの負傷も併発した。そして、今回の左膝十字靭帯断裂がキャリアで5回目の長期離脱となる。

 度重なる負傷に悩まされている宮市。今度こそ完全復活を果たし、元気な姿でピッチに帰ってくることが期待される。

【了】

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top