【英国人の視点】Jリーグは“アジアのアーセナル”に…柏vs広州恒大が示す日本サッカーの立ち位置

柏レイソルのホーム、日立柏サッカー場で行われたACL準々決勝。しかし、結果はアウェイの広州恒大が圧倒的な強さを示して3-1で制した。かつて成功を収めたアジアの舞台でのJリーグ勢の現状は、タイトルに見放されたアーセナルに通じるものがある。

2015年08月29日(Sat)13時30分配信

text by ショーン・キャロル photo Getty Images
Tags: , , , , ,

プレースタイルを称賛されながらもタイトルは遠く…

20150829_kashiwa_getty
日本のクラブはアーセナルのような存在なのか【写真:Getty Images】

 全てを支配したマンチェスター・ユナイテッドの終焉は、サー・アレックス・ファーガソンがアーセン・ヴェンゲルとアーセナルに対する態度を急激に変えたことでも明らかだった。

 1997年から2003年の間に証明したガナーズのプレースタイルおよびフランス人指揮官とその選手たちの能力は、2つのクラブがプレミアリーグの覇権を争うたびに取り沙汰され、両指揮官の言い争いはその時代の象徴する風物詩へと変わっていった。

 イングランドにいる一部の人々はファーガソン引退の兆候ではないかと考えたが、スコットランド人指揮官がアーセナルをノースロンドンの脅威としてみなすことは長く続かなかった。

 2003/04シーズンに無敗優勝を達成した“インビジブル”以降、アーセナルはリーグを制することができておらず、一方でユナイテッドはチェルシーやマンチェスター・シティら新興金満クラブの挑戦に耐えながらファーガソンが勇退した2013までに5度もタイトルを獲得した。

 過去10年の間に全盛期を迎えたJリーグチームは、アジアのサッカーで“アーセナルの役目”を果たしてしまっている。日本のクラブがいつの時代もプレースタイルを称賛される一方で、ガンバ大阪や浦和レッズが成功を収めていた2008年以降はACL優勝から遠ざかってしまっている。

1 2 3

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top