長谷部、3得点も内容に不満。課題は変わらず「最後の精度」

2015年09月03日(Thu)22時36分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

長谷部、3得点も内容に不満。課題は変わらず「最後の精度」
長谷部誠【写真:Getty Images】

【日本 3-0 カンボジア 2018年ロシアW杯アジア2次予選】

 公式戦5試合連続でアジア相手に勝利がない日本代表は3日、W杯2次予選でカンボジア代表と対戦し、3-0で勝利した。

 開始直後から積極的な姿勢を見せてペナルティエリア内へ飛び込むなど、攻守のバランサーとしても重要な役割を果たしたキャプテンの長谷部誠は、試合後のインタビューで開口一番「多くのチャンスを外した」とこぼした。

 それもそのはず。終始相手陣内でプレーし、30本以上のシュートを浴びせながら3点しか奪えなかった。無得点だった6月のシンガポール戦から多少改善されたとはいえ、今後に向けて不満の残る出来だったことは確かだ。

 長谷部も「もちろん3-0では満足できないですし、やはりこれくらいの試合であればもっと多くの点を取らなければいけないというのが正直な気持ち」といら立ちを隠せない。

 カンボジアはシンガポールに4失点して敗れており、日本はこのスコアを下回ったことになる。それだけ攻撃が精度に欠いたという事実に他ならない。

 中盤でパスを配球しながら時折前線に顔を出すなど、長谷部も奮闘したが「チャンスの数で言えばシンガポール戦と変わらないので、その中でもちろん相手のミスというものもありましたし、やはり最後の精度というのは変わらず上げていかなければいけない」と、相変わらず課題が克服できない現状を悔やんだ。

 シュートだけでなくセンタリングや相手ペナルティエリア付近での崩しの精度も改善が必要と長谷部は訴え、「次はもっともっと決定的なシーンをものにできるように、全員でやっていきたい」と8日のアフガニスタン戦に向けて気を引き締めた。

【了】

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top