アフガニスタン戦、“Wシンジ”の活躍などアウェイで6得点大勝【どこよりも早い採点】

9月8日、日本対アフガニスタンの一戦が行われ6-0で快勝。ハリルジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

2015年09月08日(Tue)23時22分配信

text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

中東アウェイで6得点。攻撃陣が結果を出し2連勝

日本代表
ロシアW杯アジア2次予選3戦目、日本代表は6-0で勝利した【写真:Getty Images】

【日本 6-0 アフガニスタン 2018年ロシアW杯アジア2次予選】

西川周作 6 難しいボールも攻撃的なポジショニングでミスなく処理。正守護神定着へ大きく前進。
酒井宏樹 5.5 高い位置を取り続け、本田が中へ絞ったスペースを上手く活用したが精度を欠き途中交代。
森重真人 7 守備では競り負けず、ロングフィードでのチャンスメイクも正確。積極的な攻撃参加はゴールで報われた。
吉田麻也 5.5 本田を押しのけFKを蹴るも何も起こらず。守備は大きなミスなく及第点。
長友佑都 6 2年ぶり先発の原口の仕掛けを精力的にサポート。後半は控えめになり黒子役に徹する。
山口蛍 6 バランスを取りながら攻撃陣をサポート。いつも通りのハードな守備とカバーリングも秀逸。
長谷部誠 6 中盤から前線に絡み攻撃のアクセントになったが、後半途中交代。リーダーとして緩みがちな流れを引き締めた。
香川真司 7 技ありミドルで先制弾。狭いスペースでも技術を見せ、後半開始早々にも素晴らしいゴールで2得点。
本田圭佑 6.5 前半は目立たなかったが執念の1得点1アシスト。攻守の切り替えが早くゴール前に必ず顔を出す。
原口元気 6 積極的に前方のスペースを突く。持ち味の鋭いドリブルで効果的な働きも後半に失速。慣れない右SBにも挑戦した。
岡崎慎司 6.5 ボールキープなど要所で存在感を発揮し、後半に2得点。どんな時でもゴール前に詰める貪欲さが結果につながった。

宇佐美貴史 5.5 投入直後に本田の得点をアシスト。それ以外で存在感は希薄でアピールならず。
武藤嘉紀 5.5 途中出場では持ち味を発揮できず。緩んだ流れにのまれ違いを見せられなかった。
遠藤航 6 ピッチに立つと激しい寄せでチームを引き締める。監督の評価は高い。

ハリルホジッチ監督 6 コンディション調整やメンタルコントロールは完璧で、就任後初の中東アウェイで結果こそ残したが、選手起用の固定化は懸念材料。並びを変えるだけでは違いを作れない。試合前にポイントとして挙げていたサイドからのクロスは機能せず、ゴールはこれまでに築いた選手間の信頼から生まれた。

【了】

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top