本田、ジェノア戦は先発落ちへ。揺らぐ指揮官からの信頼、トップ下の座はライバルのもとに

ミランは現地時間27日、セリエA第6節でジェノアとアウェイで対戦する。ここまで3試合連続で先発出場していた日本代表MF本田圭佑は、この試合でその座を失うことになりそうだ。トップ下として先発してきたが、得点に絡むプレーを見せることが出来なかったことで、指揮官からの信頼が揺らぎつつある。

2015年09月27日(Sun)12時13分配信

text by 神尾光臣 photo Getty Images
Tags: , , , ,

本田、ジェノア戦は先発落ちへ

本田、ジェノア戦は先発落ちへ。揺らぐ指揮官からの信頼、トップ下の座はライバルのもとに
先発落ちが濃厚な本田圭佑【写真:Getty Images】

 ミラネッロのプレスカンファレンスルームは、選手ならびにスタッフのミーティングルームも兼ねている。26日に行われたシニシャ・ミハイロビッチ監督の記者会見後、地元記者の何人かはミーティングボードが放ったらかしになっていたのを発見し、模造紙をめくった。もっとも、27日ジェノア戦でのスタメンや戦術を示唆する情報が、そこに都合よく残っているわけはなかった。

 先発メンバーについても、指揮官は明言を避けた。「(ジャコモ・)ボナベントゥーラがトップ下? あのポジションにはたくさんの選択肢があるからな」「故障上がりの3人(ルカ・アントネッリ、ユライ・クツカ、そしてアンドレア・ベルトラッチのこと)の先発起用? 3人全員かもしれないし、そのうち2人かもしれないし、1人かもしれない(笑)」。ただ本田圭佑は、これまでの報道通りどうも先発落ちとなりそうだ。

 第3節のミラノダービー以降、低めの位置でビルドアップの要として機能しているリッカルド・モントリーボと、前節のウディネーゼ戦では慣れないインサイドMFの出場ながら奮闘したナイジェル・デ・ヨンクは先発濃厚。

 ボナベントゥーラはトップ下かインサイドMFか現在はわからないものの、「重要なのは彼がピッチにいることだ」とミハイロビッチは起用を明言している。あとは右内転筋の故障が癒えたベルトラッチのコンディション次第だが、練習復帰後の状態は良好だと伝えられている。

1 2 3

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top