堕落するマルセイユ。低迷する順位、ファンの暴動…かつての英雄に浴びせた非道なバッシング

フランス・リーグ1優勝8回を誇る名門マルセイユが今、大きな危機に陥っている。マルセロ・ビエルサ監督の突然の辞任により急激に失速したチームは14位まで順位を下げ、格下相手への不覚が続いている。その状況にさらに追い打ちをかけたのは、かつての英雄マテュー・バルブエナに対する行為であった。宿敵リヨンに移籍したバルブエナは、直接対決となった一戦で古巣のサポーターから心無いブーイングを浴びてしまった。

2015年09月28日(Mon)16時15分配信

text by 小川由紀子 photo Getty Images
Tags: , , , ,

名門マルセイユ、突然のビエルサ辞任で低迷

堕落するマルセイユ。低迷する順位、ファンの暴動…かつての英雄に浴びせた非道なバッシング
かつてマルセイユでプレーした現リヨンのマテュー・バルブエナ【写真:Getty Images】

 いったいどこまで落ちて行くんだ…と不安な状況なのが、現在のマルセイユだ。

 8節を終えて、2勝4敗2引き分けの14位。宿敵(ということになっている)パリ・サンジェルマン(PSG)は首位を独走し、開幕2ヶ月目にしてすでにリーグ1残留確定ラインと言われる勝ち点42の約半分の20を稼いでいる。いまだ8ポイントのマルセイユが、彼らを苦しめる存在になることは、まずないだろう。

 開幕戦の直後の会見で指揮官マルセロ・ビエルサが突然辞任を表明したことが影響したことは疑いようがない。彼のもとでプレシーズンの間、補強やチーム作りなど準備を重ねてきたにもかかわらず、わずか一試合で放り投げられてしまった。フロントや選手、スタッフには何の相談もなしに、だ。

 現役時代にはレアル・マドリーで活躍したスペイン人のミチェル氏が後任に選ばれ、初采配をふるった3節のトロワ戦では6-0の大勝。災い転じて福となったか…? と思われたが、その後は好調を持続できていない。

 そして、9月20日に行なわれた第6節、オリンピック・リヨン戦は大荒れとなった。引き金となったのは、マルセイユで8年間プレーし、クラブの魂と崇められたマテュー・バルブエナがライバル、リヨンに復帰したことだった。

 バルブエナは2013/14シーズンを最後にマルセイユを退団すると、翌シーズンはディナモ・モスクワでプレー。わずか1年のロシアリーグ在籍後にリーグ1に舞い戻ったのは良かったが、こともあろうに行き先はPSGと並んでマルセイユがライバル視するリヨンだった。

1 2 3 4

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top