FIFA、ブラッター会長ら3人を90日間資格停止に。鄭夢準氏は6年間活動禁止

2015年10月08日(Thu)21時06分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

FIFA、ブラッター会長ら3人を90日間資格停止に。鄭夢準氏は6年間活動禁止
左からヴァルケ事務局長、プラティニ副会長、ブラッター会長、チョン元副会長【写真:Getty Images】

 国際サッカー連盟(FIFA)の倫理委員会は7日、ゼップ・ブラッター会長とミシェル・プラティニ副会長、ジェローム・ヴァルケ事務局長に90日間の資格停止処分、そしてチョン・モンジュン元副会長に6年間の活動禁止処分と10万スイスフラン(約1240万円)の罰金を科すと発表した。

 90日間の資格停止処分を科されたブラッター会長は放映権売買における背任とUEFAの会長を務めるプラティニ氏への贈賄容疑でスイス当局から告訴されており、FIFAの倫理委員会からも調査を受けていた。

 プラティニ副会長やヴァルケ事務局長も一連の汚職に関与したと調査で明らかになったことで、今回の資格停止に至った。なおこの処分は最大45日間延長が可能となっているため、プラティニ氏の来年2月26日に行われるFIFA新会長選挙への出馬は不可能になる。

 またチョン・モンジュン元副会長も過去の寄付金についてFIFAの倫理委員会から調査を受けていた。2011年1月の副会長選挙に際してパキスタンやハイチで起きた大地震に対する寄付金を票集めに利用したと見られている。この時チョン氏は選挙に敗北した。

 今年6月にはFIFA新会長選挙への立候補を表明していたが、6年間活動禁止になったことで同選挙への参加は不可能となった。今月7日にはブラッター会長を横領罪で告訴し1億ドル(約120億円)を求める考えがあると述べていたが、自分にも重い処分が科される結果となってしまった。

 今回の4人の処分でFIFAの汚職問題は一旦の区切りを迎えることになる。17年間に及んだブラッター会長の治世は終わったが、サッカー界は汚職と無縁の新たな時代へ勇気ある一歩を踏み出せるだろうか。

【了】

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top