グループ首位に立った日本。キャプテン長谷部「残りの試合もしっかり圧倒したい」

2015年10月09日(Fri)5時40分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

20151009_hasebe_getty
長谷部誠【写真:Getty Images】

【日本 3-0 シリア 2018年ロシアW杯アジア2次予選】

 日本代表は8日、オマーンでロシアW杯2次予選のシリア戦に臨み3-0で勝利した。

 シンガポールとの初戦でまさかのスコアレスドローに終わったことで、シリア戦をグループ2位で迎えた日本。それでも直接対決を制したことで首位に立つことができた。キャプテンの長谷部誠は「取り返せたかなと思う」と、安堵の言葉を口にした。

 3-0と完封勝利を掴んだ。この日はシリアにチャンスを与える場面もあり、「そのへんは詰めていかなければいけないところ」と長谷部は反省点を口にした。それでも、無失点で終えられたことは前向きに捉えて良いだろう。

 攻める気持ちを持って向かってきたシリアについて、「今までの相手とは全然違った」と長谷部。「自分たちも前から行きたかったんですけど、なかなかそれがうまくはまらなかったというか、はめる前に蹴られていた」と、前半は思ったような展開に持ち込めなかったことを悔やんだ。

 とはいえ、地力の差は間違いなくあった。「イメージを持ってやれば明らかにチャンス作れる相手だなと感じていた。とにかくやり続けることが大事だなと思ってやっていました」と明かす。その結果として後半にゴールが生まれ、足の止まった相手を畳み掛けることができた。

 首位に立って折り返したが、戦いは続く。「残りの試合もしっかり圧倒して2次予選を勝ちたい」と、長谷部は改めて気を引き締めた。

【了】

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top