イラン戦、アウェイでドローも守備の耐久力に大きな課題【どこよりも早い採点】

10月13日、日本対イランの一戦が行われ厳しさを見せる相手に苦しみながら1-1で引き分けた。ハリルジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

2015年10月14日(Wed)0時26分配信

text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

アジア最強に大苦戦。期待された若手のプレーは…

採点 武藤
代表戦2ゴール目を決めた武藤嘉紀【写真:Getty Images】

【日本 1-1 イラン 国際親善試合】

西川周作 7 高精度のキックにPKセーブ。失点の場面でGKに非はなかった。
酒井高徳 5 プレーの選択肢が少なくブレーキに。ミスを減らしたい。
吉田麻也 4.5 プレミアリーグでプレーしているのは別人か。マークが甘くPK献上はあまりにも軽率だった。
森重真人 5.5 クリアの機会は多かったが質は伴わず。全体的に消極的で持ち味発揮できず。
米倉恒貴 6 慣れない左で奮闘。徐々にオーバーラップが効果を発揮し、クロスを放つ場面も。
長谷部誠 5.5 守備に追われて縦への推進力は影を潜めた。ボールを持てば安定感はいつも通り。
柴崎岳 5 序盤はゲームメイクに苦労。周囲とテンポが合わず交代時は不満を露わに。
本田圭佑 6 体の強さで起点に。厳しいマークを独力で剥がし1アシスト。
香川真司 5 “いつものメンバー”がおらず、周囲との距離感が悪かった。前半終了とともに無念の交代。
武藤嘉紀 6.5 ラッキーゴールも1点は1点。縦への意識が高く力強い突破は相手DFを苦しめた。
宇佐美貴史 5.5 交代直前のスルーパス以外ノーインパクト。守備に追われ前に出られず。

清武弘嗣 6.5 香川と交代で後半から出場。繊細なテクニックで攻撃のリズムを変えた。
原口元気 6 広範囲に動き回ってチャンスメイク。動きの落ちたイランは捉え切れなかった。
岡崎慎司 6 途中出場で前線に魂を注入。どんな時でも泥臭くゴールを狙った。
柏木陽介 6 落ち着いたゲームメイクで持ち味を発揮。チーム随一の視野の広さを監督にアピールした。
丹羽大輝 6 途中交代としての役割を全う。緩みがちな終盤の空気を引き締め、熱いプレーでらしさを見せた。
南野拓実 – A代表デビューも出場時間短く採点不可。

ヴァイッド・ハリルホジッチ監督 5.5 宣言通り先発メンバーを5人変更したが、チームとして形にはならず。守備組織は耐久力に課題を見せ、アジアトップレベルでの競争力に不安を感じさせた。

【了】

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top