J2徳島&J3町田がジャイアントキリングで天皇杯4回戦へ。藤枝は山形に一歩及ばず

2015年10月14日(Wed)21時08分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , ,

J2徳島&J3町田がジャイアントキリングで天皇杯4回戦へ。藤枝は山形に一歩及ばず
新潟相手に決勝ゴールを挙げた長谷川悠【写真:Getty Images】

 天皇杯3回戦の10試合が14日に全国各地で行われ、J1クラブが下部リーグのクラブに敗れるジャイアントキリングも起こっている。

 アウェイでアルビレックス新潟と対戦したJ2の徳島ヴォルティスは、30分に石井秀典のゴールで先制する。負けるわけにはいかない新潟も72分にレオ・シルバのFKで同点に追いつく。

 しかし徳島は直後75分、長谷川悠が左足でミドルシュートを沈めて勝ち越し、終盤の新潟の猛攻もしのぎきってJ1チームを破るジャイアントリングを達成。8年ぶりの4回戦へと駒を進めた。

 J3の町田ゼルビアはJ2のアビスパ福岡とアウェイで対戦した。前半は両チームスコアレスで終えたが、後半開始直後の50分にペ・デウォンのゴールで先手を取ると、65分に久木野聡が追加点を奪って勝負あり。2回戦でのJ1名古屋グランパスに続き、J2で好調を維持する強敵を破った町田が4回戦への切符を掴んだ。

 2回戦で清水エスパルスを破って話題を呼んだ藤枝MYFCはモンテディオ山形のホームに乗り込んで2度目のジャイアントキリングを狙う。すると23分、清水戦2得点の大石治寿が先制ゴールを挙げて勢いに乗る。

 しかし後半に粘りを見せた山形が62分に川西翔太、83分にディエゴがゴールを奪って逆転して藤枝のジャイアントキリングを阻止。J1では苦戦が続いているが、ビハインドを跳ね返して4回戦進出を決めた。

【了】

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top