ブンデスでも起きた大誤審。“神の手”によって決まった5つのゴール

ブンデスリーガで信じられない“大誤審”が起きた。問題の一戦はケルン対ハノーファーの一戦。清武弘嗣がC蹴ると、ボールは敵、味方、GKに当たり、レオン・アンドレアセンの目の前へ。迷わずにボールを押し込んだアンドレアセンだったが、なんと右腕で押し込んでいたのだ。ハンドによるゴールといえば、アルゼンチン代表のディエゴ・マラドーナがイングランド戦で決めた“神の手ゴール”が有名だ。今回は、過去に起きた5つの“神の手ゴール”を紹介しよう。

2015年10月19日(Mon)16時20分配信

text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , ,

ブンデスで“神の手”による大誤審

ブンデスでも起きた大誤審。“神の手”によって決まった5つのゴール
レオン・アンドレアセンが手で決めたゴールが話題に【写真:Getty Images】

 ブンデスリーガで信じられない“大誤審”が起きた。

 問題の一戦はケルン対ハノーファーの一戦。清武弘嗣がC蹴ると、ボールは敵、味方、GKに当たり、レオン・アンドレアセンの目の前へ。迷わずにボールを押し込んだアンドレアセンだったが、なんと右腕で押し込んでいたのだ。

 ケルンの選手はハンドをアピールするもゴールの判定に。この疑惑のゴールが決勝点となり、ケルンは0-1で敗れた。

 ハンドによるゴールといえば、アルゼンチン代表のディエゴ・マラドーナがイングランド戦で決めた“神の手ゴール”が有名だ。今回は、過去に起きた5つの“神の手ゴール”を紹介しよう。

1 2 3 4 5 6 7

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top