鄭夢準氏、活動禁止処分でFIFA会長選撤退。「不当な制裁のおかげ」

2015年10月26日(Mon)23時58分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

鄭夢準氏、活動禁止処分でFIFA会長選撤退。「不当な制裁のおかげ」
FIFA会長選から撤退した鄭夢準氏【写真:Getty Images】

 国際サッカー連盟(FIFA)の鄭夢準元副会長が26日、来年2月26日に行なわれるFIFA会長選挙から撤退することを発表した。イギリス『ロイター』が報じている。

 同氏は6月にFIFA会長選挙への立候補を表明していたが、寄付金についてFIFAの倫理委員会から6年間活動停止になったことで出馬が不可能となった。同氏は「不当な制裁のおかげで10月の締切に間に合わない」とコメントしている。

 鄭夢準氏の他にも欧州サッカー連盟のミシェル・プラティニ会長も90日間の活動停止処分が下っており、同選挙への出馬の可否は直前に決定されるとみられている。

【了】

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top