J1柏、ミルトン・メンデス氏の監督就任を発表。退任の吉田氏継いで来季より指揮

2015年10月30日(Fri)16時14分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

J1柏、ミルトン・メンデス氏の監督就任を発表。退任の吉田氏継いで来季より指揮
柏はミルトン・メンデス氏が来季の監督に就任することを発表した【写真:Getty Images】

 J1の柏レイソルは30日、来季の新監督にブラジル人のミルトン・メンデス氏が就任したことを発表した。

 メンデス氏は現役時代のほとんどをポルトガルでプレー。監督してもポルトガルのクラブとブラジル国内のクラブで指揮を執っていた。

 2015年5月から9月にかけてはブラジルの名門クラブであるアトレティコ・パラナエンセで監督を務めていた。しかし、成績不振により解任されている。

 今年7月に柏に加入したエデルソンは、A・パラナエンセ時代にメンデス氏のもとでプレーしている。

 メンデス氏は「日本サッカー界で伝統があり、若手育成に定評のある柏レイソルから監督就任のお話をいただき、本当に感慨深く思いました。それは、私が今まで継続して行ってきたことに他ならなかったからです。能力のあるアカデミーの選手はクラブの宝であり、彼等をトップに引き上げ活躍させることも、我々にとっての挑戦なのです」とオフィシャルサイトを通じてコメントを述べ、柏の育成組織の充実ぶりが決めてのひとつだとしている。

 また、メンデス氏は日本で監督を務めることが夢だったと語っている。

「日本で仕事がしたいといつも願っていました。組織的で、規律があり、皆がひたむきに頑張る国。この3つがなければ目標に到達することはできません。この点でも日本は多くの諸外国に勝っています。今、夢が叶いました」

 今季のACLではベスト8へ進出していた柏だったが、リーグでは年間で9位と優勝争いに加わることができなかった。

 ネルシーニョ前監督のあとを継いで今季から吉田達磨監督が指揮を執っていたが、契約延長とはならずにシーズン限りでの退任が発表されていた。

【了】

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top