欧州でゼロからのクラブづくり。FCバサラマインツの挑戦【01】岡崎慎司の願い

日本代表・岡崎慎司が創設に携わったFCバサラマインツ。現在ドイツ10部に属するクラブは、創設にはどのような想いがあり、そして、そこで働くスタッフは何を感じているのか。欧州でゼロからクラブをつくっていく様子を、現役スタッフが現地よりお伝えします(不定期連載です)。

2015年10月31日(Sat)9時01分配信

シリーズ:FCバサラマインツの挑戦
text by FC Basara Mainz photo FC Basara Mainz
Tags: , , , ,

ドイツ10部に所属するクラブ

欧州でゼロからのクラブづくり。FCバサラマインツの挑戦【01】岡崎慎司の願い
ドイツ10部、B-Klasse Mainz-Bingen Westという地域リーグに所属しているFCバサラマインツ【写真:FC Basara Mainz】

 はじめまして、FC Basara Mainz(FCバサラマインツ)スタッフの小林遼平です。今回、「海外クラブで働くスタッフ日記」をご紹介出来る機会を頂きました。本連載を通して、少しでもFC Basara Mainzについて、アマチュアクラブの運営について、皆様に知って頂ければと思います。

 さて、はじめにFC Basara Mainzについてお話させて頂きます。我々はドイツのラインラント・プファルツ州、マインツを本拠地とするアマチュアサッカークラブです。マインツは昨季までサッカー日本代表、現プレミアリーグ、レスターシティFCに所属する岡崎慎司選手が、今季からは同じく日本代表の武藤嘉紀選手が所属するブンデスリーガ1部の1.FSVマインツ05(以下、マインツ05)がある事から、日本の皆さんにも地名は知られていると思います。

 では、FC Basara Mainzは何部に属しているかと言うと、ドイツ10部、B-Klasse Mainz-Bingen Westという地域リーグです。上から数えて10番目とアマチュアでも下位カテゴリーです。ただ、それには理由があります。

 FC Basara Mainzは昨2014/2015シーズンに創設されました。初年度はドイツの最下位カテゴリーである11部からスタートし、昨季は26勝1分3敗と圧倒的な強さで優勝し昇格、今季は10部を戦っているというわけです。その10部も12節を終えて11勝1敗で首位、来季の9部昇格を見据えています。

1 2

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top