49歳シェリンガム、4部で現役復帰!? 自身が監督務めるクラブで選手登録

2015年11月03日(Tue)23時20分配信

photo Getty Images
Tags: , , ,

49歳シェリンガム、4部で現役復帰!? 自身が監督務めるクラブで選手登録
スティーブニッジを率いるテディ・シェリンガム監督【写真:Getty Images】

 2008年に引退した元イングランド代表FWテディ・シェリンガムが、49歳で現役復帰することがわかった。英『BBC』が報じている。

 現在フットボール・リーグ2(イングランド4部相当)のスティーブニッジで監督を務めるシェリンガムは、4日から始まるハーツ・シニア・チャレンジカップに選手として登録したという。

 このカップ戦はイングランド東部ハートフォードシャー地域で毎年行われる大会で、地域リーグのクラブからフットボール・リーグのクラブまでが参加する。スティーブニッジは4日にウェルウィンガーデン・シティとの対戦を控えているが、シェリンガムはアシスタントコーチのケビン・ワトソンとともに選手登録された。

 イングランド代表通算51試合出場11得点の実績を誇り、トッテナムやマンチェスター・ユナイテッドでの活躍は多くの人々の記憶に残っている。一度目の現役引退はコルチェスター時代の2008年、シェリンガムは42歳だった。そして今季から現職に就いている。

 イングランドでは昨季、リーグ2のプレーオフでデイブ・ビーサントが56歳でベンチ入りした。それだけにシェリンガムの復帰にも期待が集まるが、リーグ戦に選手登録するかは未定となっている。

 しかし、スティーブニッジは現在降格圏と勝ち点5ポイント差の24チーム中20位と苦しい戦いを強いられている。そのため経験豊富な元イングランド代表FWが本格的に現役復帰することで“選手兼監督”としてチームに喝を入れ、復調のきっかけになれるかもしれない。

【了】

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top