高萩洋次郎が手にしたWタイトル、韓国FA杯優勝とMVP。アジアを席巻する日本人司令塔の躍動と誇り

サンフレッチェ広島を退団後、オーストラリアを経て韓国へと渡った高萩洋次郎。所属するFCソウルは、韓国FAカップにおいて17年ぶり2回目の優勝を飾った。この仁川ユナイテッドとの決勝戦で先制のミドルを放った高萩は、MVPに選出。日本人司令塔がアジアにその名を刻んでいる。

2015年11月07日(Sat)13時38分配信

text by 竹島史雄 photo Getty Images
Tags: , , ,

現地で“幻想的”と表現されたミドルシュート

高萩洋次郎が手にしたWタイトル、韓国FA杯優勝とMVP。アジアを席巻する日本人司令塔の躍動と誇り
高萩洋次郎(写真はウェスタン・シドニー・ワンダラーズ所属時のもの)【写真:Getty Images】

 FCソウルを17年ぶり2回目の優勝に導き、日本人初の韓国FAカップMVPに選ばれた元サンフレッチェ広島で元日本代表の高萩洋次郎(日本人所属チームの優勝は2010年に高原直泰がプレーした水原以来)。3-3-2-2のトップ下に位置して90分プレーし、チームは初の決勝進出だったインチョン(仁川)ユナイテッドを3-1で下した。

 FCソウルとしては去年の準優勝の雪辱を果たした形となった(17年前は前身の安養LG時代、FCソウルとしては初の戴冠)。MVPとして記者に迎えられた高萩は、試合後は現地テレビ局、韓国人記者、そして日本人記者の筆者と3つのインタビューに答えた。

 10月31日、土曜日午後4時36分。ソウルワールドカップスタジアムの地下1階。優勝セレモニーを経て試合1時間後に高萩洋次郎はロッカールームからミックスゾーンに向かう扉を開いた。MVPの第一理由は試合の均衡を破った前半33分の先制ミドルだった。

 高萩を30分近くも待っていた韓国最大のテレビ局KBSの女性リポーターがまずインタビュー。そして韓国人記者の囲み、筆者はその後に話を聞いた。

 スタジアムが静寂と雄たけびと歓喜に沸いた衝撃の(現地KFAのサイトでは“幻想的”と表現された)ミドルシュートについて、高萩は3者の質問に「思いっきり打っただけ」と興奮を抑えきれないように繰り返した。

1 2 3 4 5 6 7 8

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top