ハリルジャパン、3得点も不満。後半のプレー精度に課題

2015年11月13日(Fri)6時41分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

20151112_hasebe_getty
長谷部誠【写真:Getty Images】

【日本 3-0 シンガポール 2018年ロシアW杯アジア2次予選】

 勝利がまず求められる試合で、しっかり勝ち点3を手にしたハリルジャパン。だが監督・選手には、勝利への満足より3ゴールに終わったことへの不満が色濃く残った。

 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が「(さらに)何点か取りたかった」と言えば、途中出場の香川真司も「欲を言えば4点5点取れたら良かったですけど」と述べた。

 選手個々の疲労に加えシンガポールの暑さも影響し、後半はスピードも精度も落ちた。キャプテンの長谷部誠は「少し自分たちが引いて相手が出てくるのを待って、そこでボールを奪ってカウンター」という指示がハーフタイムにあったことを明かした。

 だが、相手を仕留めるようなカウンターは見せられず、逆にヒヤリとするシーンを作られた。「意図的にラインを下げた時に、そこからの攻撃は改善しないといけない」と長谷部はいう。次のカンボジア戦では、そうした反省点を踏まえゲームプランを確実に遂行したいところだ。

【了】

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top