チームを蘇生させた柏木。本田らと話したベタ引きの相手への対処法とは

2015年11月18日(Wed)8時02分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

20151118_kashiwagi_getty
柏木陽介【写真:Getty Images】

【日本 2-0 カンボジア 2018年ロシアW杯アジア2次予選】

 日本代表は17日、ロシアW杯アジア2次予選でカンボジア代表と対戦して2-0で勝利した。

 この2連戦でぐっと評価を高めたのは柏木陽介だろう。シンガポール戦でタクトを振るうと、カンボジア戦では機能不全に陥っていたチームを蘇生させた。特にこの日は前半の出来が悪かったこともあり、後半から出場した柏木のプレーがより輝いて見えた。

 柏木は前半、試合を見つめながら同じく控えだった面々とこんなことを話していたという。

「キヨとか、圭佑くんとかみんな話していて、引いている相手に対して裏を狙って、セカンドを拾っていくのが今の日本に足りないところかなと」

 そして後半、本田圭佑が登場すると、いきなり柏木が精度の高いボールを裏へ供給。これに本田が走り込みチャンスとなった。

 ベンチから冷静に戦況を見ながら、仲間と改善策を話し合う。そしてピッチに立った時にそれを実践する。

「出ていない時に選手間でコミュニケーションをどれだけ取れるかが大事」と柏木。“長袖の司令塔”の流れを変える働きぶりは、チームの勝利を大きく引き寄せることになった。

【了】

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top