肺がんを患うクライフ氏、病気に勝てると確信「化学療法は私の友人みたいなもの」

2015年11月20日(Fri)18時41分配信

photo Getty Images
Tags: ,

肺がんを患うクライフ氏、病気に勝てると確信「化学療法は私の友人みたいなもの」
病気の治療を受けているヨハン・クライフ氏【写真:Getty Images】

 バルセロナのレジェンドで元オランダ代表FWヨハン・クライフ氏が肺癌を患っていることを明かしてから約1ヶ月が経過した。治療はすでに始まっており、同氏はその闘病生活について語った。19日に英メディア『BBC』が報じている。

 選手時代にはバルセロナの他、アヤックスやフェイエノールトなどで活躍。バロンドールを3度受賞した経験があり、1974年W杯では「トータルフットボール」と呼ばれたオランダ代表の中心選手として準優勝に貢献している。

 現役引退後は監督業につき、バルセロナを率いた時にはリーグ4連覇を成し遂げていた。数多くの功績を残すクライフ氏だが、現在は病気と闘っている。治療についてクライフ氏は「私の治療はすでに始まっている。すべてが上手くいくと確信しているよ。癌を倒す抗がん剤は、私の友人みたいなものと考えている」と語り、病気の完治に向けて自信を示した。

 バルセロナ時代のクライフ氏の教え子で、現在はサウサンプトンを率いるロナルド・クーマン監督は「彼は確実にこの病との戦いに打ち勝つだろう」とエールを送り、クライフ氏を励ましていた。多くの人々がクライフ氏の肺がん克服を願っている。

【了】

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top