乾も苦しむ日本人がスペインで活躍できない理由。技術だけでない“戦術的IQ”の高さ

リーガエスパニョーラ第13節、乾貴士の所属するエイバルはホームにレアル・マドリーを迎えた。結果は0-2と敗れたものの、立ち上がりから弱点を突く守備でマドリーを苦しめた。しかし、乾のパフォーマンスは十分とはいえないもの。乾もかつて多くの日本人選手が苦しんだ壁に当たっている。

2015年11月30日(Mon)11時20分配信

text by 海老沢純一 photo Getty Images
Tags: , , , ,

エイバルの躍進を支える守備力

乾も苦しむ日本人がスペインで活躍できない理由。技術だけでない“戦術的IQ”の高さ
今季、乾貴士がチャレンジしている【写真:Getty Images】

 城彰二、西澤明訓、大久保嘉人、中村俊輔、家長昭博、指宿洋史、ハーフナー・マイク…これまで7人の日本人選手が1部リーグのピッチを踏みながら誰1人として成功と呼べる結果を手にすることができなかったスペイン。

 そのリーグに今季、乾貴士がチャレンジしている。ここまでリーグ戦7試合に出場して5度の先発。8試合目の出場、6度目の先発となった第13節はホームにレアル・マドリーを迎える一戦だった。

 所属するエイバルは、昨季18位と降格圏で終えながら、13位エルチェが財政面の問題から降格処分となったことで“たなぼた残留”を手にしたクラブ。

 それでも今季は、ここまで5勝5分け2敗で勝ち点20を獲得。すでに勝ち点35だった昨季の半分以上を稼ぎ、7位という順位でこの一戦を迎えた。

 その躍進の最大の要因となっているのが、オプタのデータによるランキングの「ディフェンシブ・アクション」でリーグトップの評価を得ている守備である。

 レアル・マドリーをホームに迎えたこの一戦でも立ち上がりから効果的な守備力を発揮。相手の中盤にプレッシャーをかけることで前線との連係を寸断し、思い通りの攻撃を許さなかった。

 リーガエスパニョーラというリーグは主にテクニックを重視したリーグと言われ、日本のサッカーに近いという意見も一部にある。そして日本代表はスペインのようなサッカーを志していることでも知られている。

 しかし、実際には選手個々の技術力の高さはあくまでプラスアルファの部分でしかない。ほぼ全てのチームがレアル・マドリーやバルセロナというチームを相手に勝ち点1でも獲得するために明確なゲームプランを持って試合に臨んでいる。

1 2 3

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top