浅野が価値ある同点弾。広島、CS制し2年ぶり3度目のリーグ制覇! クラブW杯出場へ

2015年12月05日(Sat)21時26分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

20151205_hirosima_getty
広島が年間王者に輝いた【写真:Getty Images】

【サンフレッチェ広島 1-1(2戦合計 4-3)ガンバ大阪 JリーグCS決勝第2戦】

 明治安田生命J1リーグチャンピオンシップ(CS)決勝の第2戦が5日に行われ、年間総合1位のサンフレッチェ広島と年間3位ガンバ大阪が激突した。

 第1戦は広島が終盤に連続ゴールを奪い、逆転勝利を収めた。2度リードを許す展開にも諦めなかったその姿勢こそ、年間総合1位たる所以だろう。

 手痛い負けを喫したG大阪は、第1戦で退場処分となったオ・ジェソクの代わりに米倉恒貴が右SBに入った。

 最初のチャンスは広島。4分、柴崎晃誠が強烈なシュートを放つもGK東口順昭がセーブした。しかし、その後はG大阪がペースを握る。引いて守る広島に対し遠藤保仁や今野泰幸、宇佐美貴史が積極的にボールを呼び込み攻撃を構築していく。

 そして27分、遠藤のCKを今野が戻りながら右足で合わせる。するとこれが相手の足に当たってコースが変わりゴール。G大阪が先制に成功した。

 広島は41分、塩谷司のシュートのこぼれを柴崎が狙うもわずかに外れる。

 後半、両チーム同時に動く。G大阪は56分、大森晃太郎に代えて倉田秋を、広島も佐藤寿人に代えて浅野拓磨を投入する。

 G大阪は64分、長沢駿に代えてパトリックをピッチに送り出す。すると広島もミキッチを下げて柏好文を投入する。追加点の欲しいG大阪は66分、倉田がドリブルで仕掛けて左足でシュートを放つもクロスバーの上を越えた。

 しかし、次の1点を決めたのは広島だった。76分、柏のクロスに浅野が打点の高いヘッドを決めて同点に追いついた。これで2戦合計4-3となり、G大阪はさらに2点が必要になった。

 後がないG大阪は79分、西野貴治に代えて井手口陽介を送り出す。今野がCBに移った。終盤、G大阪が猛攻を仕掛けるも、広島の堅いブロックを崩すことはできず。そして、試合終了。広島が2戦合計4-3で勝利し、2年ぶり3度目の年間優勝を成し遂げた。

 J1王者となった広島は、10日に開幕するクラブW杯に開催国代表として出場する。

【得点者】

27分 0-1 今野泰幸(G大阪)
76分 1-1 浅野拓磨(広島)

【了】

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top