【独占】シンガポール代表GKイズワン、日本でのプレー熱望「今こそ日本語を学ぶ必要がある」

2018年ロシアW杯アジア二次予選てグループ首位に立つ日本代表だが、唯一勝利できなかったのはホームでのシンガポール代表戦だった。この試合で神懸かりセーブを連発したシンガポール代表GKイズワン・マフムドは、松本山雅FCからトライアルのオファーを受け、練習に参加した。日本でも大きな注目を集めるイズワンだが、フットボールチャンネルの独占インタビューに応え、将来的なJリーグ入りへの思いを語ってくれた。

2015年12月12日(Sat)8時03分配信

text by チェーザレ・ポレンギ photo EPSON SINGAPORE
Tags: , , , , , , , ,

日本戦を振り返るシンガポール代表GKイズワン

【独占】シンガポール代表GKイズワン、日本でのプレー熱望「J今こそ日本後を学ぶ必要がある」
シンガポール代表のGKイズワン・マフムド【写真:EPSON SINGAPORE】

 2015年6月16日、日本代表対シンガポール代表戦はスコアレスドローで終わった。ロシアW杯アジア二次予選に早くもドラマが生まれることとなり、埼玉スタジアム2002での結果はファンやメディアに衝撃を与えた。

 このクリーンシートに貢献した選手は、シンガポール代表のGKイズワン・マフムドを置いて他にはいないだろう。イズワンはサムライブルーの強力な攻撃を封じたことで賞賛を集め、Jリーグの松本山雅FCからトライアルのオファーを受けるに至った。

 松本は12月にトライアルのオファーの約束を果たし、スポンサーである『EPSON SINGAPORE』の援助でライオンズXIIに所属する25歳のスターを練習場に呼び寄せると、ファンや地元メディアは喜んでイズワンを迎え入れたのだった。

 イズワンは『フットボールチャンネル』の独占インタビューに応じ、自身の転機、松本でのトレーニング、そしてJリーグとシンガポール人選手ということについて語った。

――日本代表と0-0の試合を演じたことについて、どんなことを覚えてる?

「日本代表が90分間攻めてきたことかな(笑)。僕らにはプレッシャーが掛かっていたから、守りを固めていたんだ。日本代表は両サイドからずっと攻め続けてきたよ。とにかくシュートを打ってきて、クロスも上げてきた。終わってみれば、僕にとってはラッキーな日だったね。

 僕らはチームとして機能していた。ディフェンダーたちは僕を助けてくれて、試合後にはクタクタになっていたよ。僕らは日本代表に引き分けたんだ。予選を戦っていくのには良いスタートだったよ。僕の中では大切な試合だったね」

――試合をビデオで確認した?

「観返したよ。僕はいつも自分のミスを探すんだけど、それはすなわち自分自身の伸ばせる部分だからね。いつでも自分の居場所を狙う選手がいるから、選手として自分に満足することはないと思う。だから僕は努力している。レベルを上げていく必要があるんだ」

――あの試合の結果によって、自分のキャリアが変わったという実感はあった?

「あの試合以降、僕は将来について考えたことはなかった。シンガポールサッカー界にとっては偉業だったから、日本代表と引き分けられたことが嬉しかったんだ。あれから“自分の番が来るまで待て”っていろんな人に言われたから、僕は今までずっと待ち続けてきたよ」

1 2

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top