これでいいのか! JリーグのCS・PO。多くの犠牲と失われた公平性。求められる“100点”に近づける努力

 年間総合勝ち点1位のサンフレッチェ広島の年間チャンピオン獲得と、元日本代表主将の井原正巳監督に率いられるアビスパ福岡のJ1昇格決定で幕を閉じた2015年のJリーグ。従来とは異なる開催方式で新設されたチャンピオンシップで見せた盛り上がりは、歯を食いしばりながら過密日程を戦い抜いた選手たちの頑張りのうえに成り立ったことを忘れてはいけない。J1昇格プレーオフ決勝のスタジアム選定で露呈した中立性を含めて、来シーズンへ向けた課題は山積している。

2015年12月12日(Sat)10時30分配信

text by 藤江直人 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , ,

佐藤寿人があえて口にした“苦言”

20151211_hiroshima_getty
CS優勝も苦言を呈した佐藤寿人[中央]【写真:Getty Images】

 師走の喧騒に包まれている御茶ノ水界隈。8日に行われたJ1・J2・J3合同実行委員会を終え、JFAハウスを後にする実行委員の一人が、2日前に全日程を終えたばかりのJリーグを端的な言葉で総括する。

「いずれにしても、100点満点はないわけだから」

 2ステージ制を11シーズンぶりに復活させ、従来とは異なる開催方式のチャンピオンシップを新設した2015年シーズン。必死にプレーした選手、声をからせて応援したファンやサポーターに与えた違和感のなかで最大のものをあげるとすれば、それは12月第1週の週末に集約されるだろう。

 まずは12月5日。エディオンスタジアム広島史上で歴代4位の数字となる3万6609人の大観衆が熱い視線を送るなかで、年間王者となったサンフレッチェ広島の選手たちが咆哮をとどろかせた。

 この4年間で頂点に立つこと3度。森保一監督のもとで黄金時代を迎えた華やかな雰囲気のなかで、日本プロサッカー選手会の会長を務めるベテランのFW佐藤寿人はあえて厳しい言葉を残している。

「疲れているなかで、大事な試合をあえて中2日にする意味がわからない」

 ガンバ大阪と対峙したチャンピオンシップ決勝。後半アディショナルタイムに2つのゴールを決める奇跡の逆転劇で、敵地・万博競技場での第1戦が決着を見たのが2日。翌日はクールダウン、翌々日は雌雄を決する第2戦へ向けたコンディション調整と、両チームは満足に練習ができない状況を強いられた。

 水曜日の平日開催でリーグ戦を戦った場合、週末の試合は中3日で日曜日があてがわれることがJ1の実行委員会では確認されている。疲労が抜け切らない中2日のスケジューリングは選手たちのけがにつながるし、お金を払うファンやサポーターを満足させるプレーの質を保つのも難しくなるからだ。

 その大原則が、シーズンを締めくくる大舞台で崩された。事前にわかっていたスケジュールではあるものの、実際にピッチでプレーした当事者だからこそ、佐藤は選手たちが抱いた思いを代弁したのだろう。

1 2 3 4 5

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top