カメルーン連盟、代表監督をウェブで公募。条件は「パワポが使える」「常駐可能」など

2015年12月15日(Tue)16時35分配信

photo Getty Images
Tags: , ,

カメルーン連盟、代表監督をウェブで公募。条件は「パワポが使える」「永住可能」など
カメルーンサッカー連盟は代表監督を公募した【写真:Getty Images】

 カメルーンサッカー連盟(FCF)は、ツイッターおよびオフィシャルサイトでA代表の監督を一般公募した。

 カメルーン代表はアレクサンドル・ベリンガ監督が今年8月に退任しており、以降代表監督の座は空席となっていた。そこで、より良い人材を見つけるため、公募を決断したようである。

 主な募集条件は以下の通り。

・モラルを持ち合わせている
・身体的に健康である
・強い個性を持っている
・国内外で認知されており、信頼に足る人物
・エリートクラブや代表チームの監督経験がある
・アフリカサッカーに精通している
・プロの指導者ライセンスを持っている
・カメルーンに常駐可能
・ワード、パワーポイント、エクセルなどが駆使できる
・フランス語か英語が完璧にできる

 過去には浦和レッズでも監督を務めたフォルカー・フィンケ氏や、ポール・ル・グエン氏などが指揮を執っていた。在任期間は2016年から2年間を予定。

 なお、締切は現地時間15日18時(日本時間16日2時)まで。今からでも応募は可能だが、我こそはと思う人は応募してみてはいかがだろうか。

【了】

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top