日本の誉れ。“レジェンド”澤がなでしこジャパンに残した5つの偉大すぎる功績

なでしこジャパンの澤穂希は、今季限りで現役を引退することを発表した。15歳で代表デビューを飾ってから、澤はカナダW杯やロンドン五輪銀メダルなど数々の偉業を成し遂げている。彼女が残した偉大な功績を振り返れば、枚挙にいとまがない。その中でも、澤がなでしこジャパンに残した5つの功績を紹介しよう。

2015年12月17日(Thu)12時13分配信

text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , ,

1.なでしこのキャリアは15歳から…4得点の鮮烈デビュー

日本の誉れ。“レジェンド”澤がなでしこジャパンに残した5つの偉大すぎる功績
澤はなでしこジャパンで22年のキャリアを歩んだ【写真:Getty Images】

 澤がなでしこジャパンでデビューしたのは1993年アジア女子選手権のフィリピン戦。当時はなんと若干15歳の中学3年生だった。

 さらに驚くべきことに、澤はこの試合で4得点を挙げて鮮烈すぎる代表デビューを飾った。のちに輝かしいキャリアを歩むことになる澤の代表キャリアは、この試合から始まっている。

1 2 3 4 5

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top