スアレスの3ゴールを演出したバルセロナの”崩しのメカニズム”

ネイマールが怪我の影響で先発を外れ、さらにメッシを体調不良で欠いたバルセロナだが、スアレスの3得点で広州恒大に3-0の勝利を飾り、20日に行われる決勝への進出を決めた。

ハットトリックを記録したスアレスの決定力は見事だが、自陣に守備を固めた広州に対して「状況に応じて自分たちにとって効果的なコンビネーション、壁パスや両サイドを使った」とルイス・エンリケ監督が振り返る様に、“MSN”のうち2人を欠く中でむしろ伝統的なバルセロナらしい崩しのメカニズムを盛り込むことで、3得点を呼び込んだ。

2015年12月20日(Sun)15時00分配信

text by 河治良幸 photo Getty Images
Tags: , , , , ,

【1点目のメカニズム】

20151220_suarez_getty
ハットトリックを記録したルイス・スアレス【写真:Getty Images】

 前半39分の先制点はラキティッチの放ったミドルシュートのこぼれ珠にスアレスが詰めて流し込んだ形だが、布石となったのが18本ものパスをつないだところからイニエスタが左ワイドに流れたスアレスに絶妙なスルーパスを通したプレーだ。

 中盤の左でイニエスタが相手ボランチのジョン・ジーを引き付け、セルジ・ロベルトが裏手から時計回りに動いてスペースを作ると、イニエスタは右足の足首で素早くボールを叩くと、2人の守備者を越えてオブリック・ランニングで飛び出すスアレスに渡った。

 そこからスアレスが左足で入れたグラウンダーのクロスはDFのキム・ヨングォンに防がれたが、クリアが小さくなったところからセカンドボールを拾ったセルジ・ロベルトが粘り強くブスケッツにつなぐと、右SBの位置から中に絞っていたダニエウ・アウベスがパウリーニョをかわし、左サイドでフリーになったイニエスタに展開した。

 素晴らしかったのは、そこからのイニエスタの動きだ。ドリブルで縦に仕掛ける素振りから得意のターンを使ってファン・ボウェン、パウリーニョ、ジョン・ジー、チャン・リンペンの4人を引き付け、左に上がってきたジョルディ・アルバにパス。すると一転、縦にダッシュして壁パスを裏で受けるモーションを取ったのだ。

 広州のシステムを知っている人はすでにお気づきだろうが、パウリーニョ、ジョン・ジーは中盤で攻守のバランスを取る役割のボランチ・コンビ。この2人が同時にワイドに引き付けられるということは、中央のバイタルエリアが完全に空くことを意味する。

 ボールを受けたジョルディ・アルバが少しためを作ってから中央で前を向くラキティッチにパスを通すと、クロアチア代表MFはファーストタッチでボールを前に出し、ジョン・ジーが外からカットに来る前に右足を振り抜き鋭い弾道を生み出した。

 スアレスをキム・ヨングォンが、ムニルを負傷退場のゾウ・チョンに代わり入ったリ・シャオペンがマークする間を抜けた無回転のボールをGKシュ・シュアイが何とか手前に弾いたが、いち早く反応したスアレスが左足でゴールネットを揺らした。

 布石のとなるビルドアップからのチャンスメーク、さらに二次攻撃から作り直してのフィニッシュ。この厚みのある攻撃はここまで粘り強く守りを固めていた広州も防ぎ切ることができなかった。特にイニエスタの2つのプレー、ラキティッチのミドル、スアレスの詰める動きが決定的な要素になったが、それらをつなぎ合わせる周りのプレーがあってこそのゴールだった。

1 2 3

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top