リバプール、“クロップ効果”終了? 前任者に比べ成績が停滞

2015年12月21日(Mon)7時12分配信

photo Getty Images
Tags: , , ,

リバプール、“クロップ効果”終了? 前任者に比べ成績が停滞
ユルゲン・クロップ監督効果は終了?【写真:Getty Images】

 今季リバプールの指揮官に途中就任したユルゲン・クロップ監督だが、どうやら“魔法”は解けかかっているようだ。

 リバプールは現地時間の20日、プレミアリーグでワトフォードと対戦し0-3と敗れている。この敗北でクロップ監督は就任後プレミアリーグ9試合で3勝3分3敗(獲得勝点12)という成績となった。これは前任者のブレンダン・ロジャース監督の成績を下回る数字だ。同監督は8試合で3勝3分2敗(獲得勝点12)という成績を収めていた。

 一時はチェルシーに3-1、マンチェスター・シティに4-1、サウサンプトンに6-1と大勝を収め、チームの成長がみられていたが、ここにきて“クロップ効果”が切れていきているのかもしれない。

 次節リバプールは日本代表FW岡崎慎司が所属するレスター・シティと対戦する。クロップ監督は大一番でチームの成長を見せつけることができるのだろうか。

【了】

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top