クラブW杯で見せたバルサの強さ、10点も露呈したレアルの問題。圧勝の裏で見えた現実

日本で行われたクラブW杯で圧倒的な強さを見せつけたバルセロナ。その裏でレアル・マドリーはラージョを10-2と記録的勝利で退けたものの、主審によって11人対9人となるまでの戦いに大きな問題を残した。

2015年12月21日(Mon)10時31分配信

text by 海老沢純一 photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

決して“穴のないチーム”ではなかったバルセロナ

クラブW杯で見せたバルサの強さ、10点も露呈したレアルの問題。圧勝の裏で見えた現実
日本を魅了したバルセロナ【写真:Getty Images】

 バルセロナが日本を魅了した20日、遠く離れたスペインではレアル・マドリーがラージョを10-2と粉砕した。

 バルセロナは17日に行われた広州恒大との準決勝、そしてリーベル・プレートとの決勝と2試合を通してその強さを見せつけた。しかし、現在のバルセロナは決して“穴のないチーム”ではなかった。

 シーズン序盤から相手が高い位置から仕掛けるプレスに苦しみ、勝利を挙げた試合でも内容的には不満の残る展開が続き、リーガエスパニョーラ第5節セルタ戦、第7節セビージャ戦では敗戦も喫している。

 その後、セルヒオ・ブスケツの使い方やメッシ不在を機にネイマールがより中心的な存在としてチームをけん引したことでパフォーマンスを改善した。特にレアル・マドリーとのアウェイでのクラシコを制した時点では、チーム状態がピークに達していた。

 それでもリーガの猛者たちが黙っているはずもなく、来日直前に対戦したデポルティボは中央を固めてカウンターを狙うプランでバルサを苦しめ、カンプ・ノウで2-2のドローを手にした。

 さらに12月9日に行われたCLレバークーゼン戦では先発メンバーを大きく落としたこともあって1-1。5日のバレンシア戦を含めて3試合連続ドローという状態での来日だった。

1 2 3 4

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top