名古屋、ブレる若返りの方向性。補強は成果なく西野監督も退任【2015年通信簿】

2ステージ制が復活した2015年のJ1も全ての試合を終えた。この1年を振り返り、各Jクラブはどのようなシーズンだったのだろうか。今回は年間9位の名古屋グランパスを振り返る。

2015年12月23日(Wed)12時07分配信

シリーズ:2015年Jリーグ通信簿
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

ブレつつある若返り

名古屋、ブレる若返りの方向性。補強は成果なく西野監督も退任【2015年通信簿】
一方でチームの根幹を支えるのは楢崎正剛や田中マルクス闘莉王の存在【写真:Getty Images】

 昨年に続き補強は最小限にとどまった。玉田圭司や中村直志ら経験豊富なベテランたちが去った後、迎え入れられたのはノヴァコビッチや竹内彬といったベテランだった。近年顕著だった若返りの方向性がブレつつあるのかもしれない。

 田口泰士や永井謙佑など、日本代表に選ばれるようになった選手がいるのも事実だが、一方でチームの根幹を支えるのは楢崎正剛や田中マルクス闘莉王の存在という事実も重くのしかかる。

 資金面で苦労することはないはずだが、今季もどこかに不安を抱えながらの開幕となった。

1 2 3 4

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top