大分、力なくJ3へ降格する最悪の1年に。足元を見つめ直し、基盤を固めてJ2復帰を【2015年通信簿】

今シーズンのJ2も全日程が終了した。この1年を振り返り、各J2クラブはどのようなシーズンだったのだろうか。今回は入れ替え戦の末にJ3降格となった大分トリニータを振り返る。

2015年12月23日(Wed)15時02分配信

シリーズ:2015年Jリーグ通信簿
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , ,

力なくJ3降格。最悪のシーズンに

大分、力なくJ3へ降格する最悪の1年に。足元を見つめ直し、基盤を固めてJ2復帰を【2015年通信簿】
終わってみれば入れ替え戦の末にJ3降格が決まった大分トリニータ【写真:Getty Images】

 昨季は終盤戦の追い上げでプレーオフ圏内に肉薄し、今季に向けた希望を見出していたが、終わってみれば入れ替え戦の末にJ3降格。シーズン途中の田坂和昭監督の解任、後任探しに手間取った末の柳田伸明監督正式就任など、結果に至るまでのプロセスにも多くの問題を抱えるシーズンだったと言える。

 序盤の出遅れは大きかったものの、それだけなら今までのシーズンにもあったこと。今季はそこから一度も浮上の兆しを見せることなく、最後まで勢いに乗れないままだった。タレントは決していないわけではなく、組織として積み上げ直しになったオフシーズンの補強、そして方針のハッキリしない監督解任により、彼らの力を生かしきれなかった印象が強い。

 ラスト2試合は昇格の懸かった大宮、磐田との対戦だったが、いずれも相手に押し切られる形で敗戦。町田との入れ替え戦も結局連敗となり、力のなさを痛感する終わり方となった。

【次ページ】診断

1 2

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top