ドルトムント、チャンスメイカー香川中心にポゼッションスタイル確立に成功。課題は守備力の向上【欧州主要クラブ中間査定】

2015/16シーズンの欧州サッカーも前半戦を終えた。タイトル獲得や昨季からの巻き返しなど様々な思惑を抱えていた各クラブだが、その戦いぶりはどのようなものだったのだろうか。今回は香川真司の所属するドルトムントを振り返る。

2015年12月24日(Thu)7時33分配信

シリーズ:欧州主要クラブ中間査定
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

トゥヘル新監督の下、巻き返しを図る

ドルトムント、チャンスメイカー香川中心にポゼッションスタイル確立に成功。課題は守備力の向上【欧州主要クラブ中間査定】
トーマス・トゥヘル監督【写真:Getty Images】

 昨季は7位と失意のシーズンを過ごし、ユルゲン・クロップ監督からトーマス・トゥヘル監督へと指揮官を交代したドルトムント。

 新たな体制での新たなシーズンに向けて、GKロマン・ビュルキ、DFパク・チュホ、MFゴンサロ・カストロ、ユリアン・ヴァイグル、アドナン・ヤヌザイを補強した。

 巻き返しを誓う今季は、チャンピオンズリーグ出場権獲得が最低目標となるが、前半戦の戦いぶりはどのようなものだったのだろうか。

1 2 3 4

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top