GK海堀、最後尾から見た澤穂希のヘディング弾は「鳥肌が立った」

2015年12月27日(Sun)23時01分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

20151227_sawa2_getty
澤のヘディングゴールが決勝点となった【写真:Getty Images】

 第37回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会決勝が27日に行われ、INAC神戸レオネッサはアルビレックス新潟レディースを1-0で下し優勝を果たした。

 無失点で大会制覇を達成したINAC。最後までゴールを死守した海堀あゆみは「みんなで協力できたからこそなので、良かった」と喜びを口にした。

 そして、試合を決めたのはこの試合を最後に現役引退となる澤穂希。CKに澤が高く飛ぶと、ドンピシャのヘディングシュートを叩き込んだ。最後尾からこの光景を見ていた海堀は「もう、鳥肌が立ちました」と興奮冷めやらぬ様子だった。

 昨季に続きリーグタイトルを逃し、その後に発表されたレジェンドの引退。チームは『澤さんと優勝したい』と奮起し、一枚岩となって皇后杯に臨んだ。

 澤のため、そしてチームのために一人ひとりがハードワークを怠らなかった。優勝は「出ている人も出ていない人も全員で戦った」結果だと海堀は述べた。

 女子サッカー界にとどまらず日本スポーツ界にとっても偉大な人物である澤。選手として、人としてどんな存在だったかを問うと、海堀は「自分がそんなん言える立場じゃないんで(笑)」と謙遜した。

 ピッチ内外で大きな影響力を示し続けた澤穂希。チームとなでしこジャパンでともにプレーした海堀にも、レジェンドの魂は受け継がれていく。

【了】

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top