C大阪、J1昇格逃す“失敗”のシーズン。迷走続き最終盤でまさかの監督交代【2015年通信簿】

今シーズンのJ2も全日程が終了した。この1年を振り返り、各J2クラブはどのようなシーズンだったのだろうか。今回は、プレーオフ決勝で敗れてJ1昇格を逃したセレッソ大阪を振り返る。

2015年12月28日(Mon)12時42分配信

シリーズ:2015年Jリーグ通信簿
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , ,

選手の顔ぶれはJ1級だったが…

C大阪、J1昇格逃す“失敗”のシーズン。迷走続き最終盤でまさかの監督交代【2015年通信簿】
主将を務めた山口蛍【写真:Getty Images】

 世界的名手であるディエゴ・フォルランを獲得し、柿谷曜一朗や山口蛍といった若手も急成長を遂げた昨季、C大阪はJ1優勝も期待されたが、蓋を開けてみればまさかのJ2降格というどん底を味わった。

 今季はパウロ・アウトゥオリ監督を招聘し、1年でのJ1復帰を目指したが、現実は青写真どおりには進まなかった。

 夏場には4連勝など怒涛の勢いで勝ち点を積み重ねてきたが、終盤にかけて失速。ラスト5試合は1勝2分2敗で自動昇格を逃し、4位でプレーオフに回ることに。何とか決勝に進出したが、“J2史上最強の3位”福岡と引き分け、J1復帰を達成することはできなかった。

 夏にフォルランが退団したとはいえ、日本代表経験者を揃えたC大阪はJ2で突出した存在だった。しかし、最終節の直前に大熊清氏への監督交代に踏み切るなど、迷走した感は否めない。

【次ページ】診断

1 2

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top