栃木、まさかの最下位でJ3降格。クラブの力不足が露呈し、陥った負のスパイラル【2015年通信簿】

今シーズンのJ2も全日程が終了した。この1年を振り返り、各J2クラブはどのようなシーズンだったのだろうか。今回は、リーグ戦最下位に終わり、J3降格となってしまった栃木SCを振り返る。

2015年12月28日(Mon)17時22分配信

シリーズ:2015年Jリーグ通信簿
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , ,

シーズンを通して連勝はゼロ

栃木、まさかの最下位でJ3降格。クラブの力不足が露呈し、陥った負のスパイラル【2015年通信簿】
栃木SC【写真:Getty Images】

 開幕前は思いもよらなかったまさかのJ3降格。現場に蔓延する危機感のなさが最後まで尾を引き、最悪の結末を迎えてしまった。チームの強化体制の脆弱さが浮き彫りになったシーズンでもある。夏場の補強で完全に失敗。残留を争う他チームが次々と戦力をアップさせるなか、栃木は指をくわえてみるほかなかった。それでも何とかしようと既存メンバーが危機感を募らせ、チームがようやく一つにまとまったのは残り数試合になってから。しかし、ときすでに遅しだった。

 各ポジションに核となる選手はいたが、絶対的なストライカーが不足していた。敵陣ペナルティエリア内への侵入回数はリーグ上位だったが、フィニッシュに至るクロスやシュートの精度を欠き、ゴール数を伸ばせなかった。攻め込んだときに隙を突かれてカウンターからの失点も重ね、勝点をとりこぼす試合が多かった。シーズンを通して連勝が一度もなく、浮上の兆しもないままに、抵抗虚しくJ3降格の憂き目にあった。

【次ページ】診断

1 2

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top