マンC、輝く“200億円の両翼”。怪我人復帰次第ではCL制覇も視野に【欧州主要クラブ中間査定】

2015/16シーズンの欧州サッカーも前半戦を終えた。タイトル獲得や昨季からの巻き返しなど様々な思惑を抱えていた各クラブだが、その戦いぶりはどのようなものだったのだろうか。今回は大型補強を敢行したマンチェスター・シティを振り返る。

2015年12月31日(Thu)12時31分配信

シリーズ:欧州主要クラブ中間査定
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , ,

200億円以上を投じた今季の補強

マンC、輝く“200億円の両翼”。怪我人復帰次第ではCL制覇も視野に【欧州主要クラブ中間査定】
マンチェスター・シティ【写真:Getty Images】

 マンチェスター・シティは読めないチームだ。

 バイエルン・ミュンヘンなど強豪に勝利したかと思えば、リーグ戦で格下相手に足をすくわれることも少なくない。また、最高級の選手を揃えてはいるが、アグエロ、シルバ、ヤヤ・トゥーレ、コンパニのセンターラインの誰かが欠けてしまえば途端に弱体化してしまう欠点を抱えている。

 主力への依存度があまりに高く、不安定さを露呈した昨季はリーグ戦での連覇を逃し、注力していたチャンピオンズリーグ(CL)でもバルセロナに敗れ、ベスト16の壁を突破できなかった。

 今季はオフから本気の補強を見せた。リバプールからラヒーム・スターリング、ヴォルフスブルクからケビン・デ・ブルイネを獲得。2人に費やした金額は約200億円だ。またDFラインの安定感を増すためバレンシアからニコラス・オタメンディを、ヤヤ・トゥーレの負担軽減のためアストン・ビラからファビアン・デルフを獲得した。スターリングとデルフはイングランド人で、ホームグロウン制度の観点からも重要な意味を持つ補強だった。

 目標は悲願のCL制覇だ。リーグ戦を軽視しているわけではないが、オーナーとなっているUAEの投資会社の視線はあくまでヨーロッパに向けられている。彼ら(そしてファンも)はベスト16という最高成績には満足していない。

1 2 3 4

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top