レアル、ベニテス新体制は前途多難。補強失敗にチームはバラバラ…立て直しは困難か【欧州主要クラブ中間査定】

2015/16シーズンの欧州サッカーも前半戦を終えた。タイトル獲得や昨季からの巻き返しなど様々な思惑を抱えていた各クラブだが、その戦いぶりはどのようなものだったのだろうか。今回はレアル・マドリーを振り返る。

2016年01月02日(Sat)12時00分配信

シリーズ:欧州主要クラブ中間査定
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

デ・ヘア移籍交渉で大失態

20160101_degea_getty
ダビド・デ・ヘアを獲り損なう大失態を犯した【写真:Getty Images】

 2013/14シーズンにクラブ史上10回目となるチャンピオンズリーグ制覇へと導いたカルロ・アンチェロッティ監督を解任するという暴挙に出てまで、ラファエル・ベニテス監督を招へいしたレアル・マドリー。

 しかし、今夏の移籍市場ではマンチェスター・ユナイテッドからGKダビド・デ・ヘアを獲り損なうという大失態を犯し、地元メディアやファンから懐疑的な目を向けられてのシーズンインとなった。

 “カップ戦のスペシャリスト”とも称えられているベニテス監督に求められるものは、欧州制覇のただ1つ。ところが、前半戦の戦いぶりからは希望よりも不安の方が高まる一方だった…。

1 2 3 4

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top