青森山田&東福岡、PK戦制し準々決勝へ。全国高校サッカーベスト8出揃う

2016年01月04日(Mon)9時59分配信

photo Toshiro Suzuki/Kaz Photography
Tags: , ,

青森山田&東福岡、PK戦制し準々決勝へ。全国高校サッカーベスト8出揃う
敗退が決まって号泣する桐光学園FW小川航基【写真:Toshiro Suzuki/Kaz Photography】

 第94回全国高校サッカー選手権の3回戦が3日に行われ、ベスト8をかけた戦いが各地で繰り広げられた。

 栃木県代表の矢板中央は富山県代表の富山第一と対戦し、15分に真下瑞都のゴールで先制する。しかし50分に賀田凌にゴールを許すと、後半ラストプレーで柴田丈一朗の左足ボレーで富山第一に逆転を許してしまい、1-2で敗れて大会を去ることとなった。

 ともに優勝候補と期待されていた神奈川県代表の桐光学園と青森県代表の青森山田は劇的な幕切れとなった。U-18日本代表の小川航基の2得点で桐光学園が先行するも、後半アディショナルタイムに”セットプレー”から2失点。青森山田はコーナーキックとロングスローから執念でゴールを奪い取った。

 さらにPK戦にもドラマが待っていた。4人目まで全員が成功して迎えた先攻の桐光学園、5人目のキッカーは小川。すでにこの試合の中で一度失敗しているエースは、外した時とは逆方向を狙ってシュートを蹴るが、U-18日本代表のチームメイトでもあるGK廣末陸がセーブ。このミスが勝負を分け、PK戦4-5で青森山田が激戦を制した。

 昨年夏のインターハイ決勝と同じ組み合わせになった福岡県代表の東福岡と千葉県代表の市立船橋の対戦は、両者一歩も譲らず0-0でPK戦に突入。すると東福岡GK脇野敦至が2本PKをセーブする大活躍。夏の対戦と同じく、福岡の雄が準々決勝に駒を進めた。

 3日に行われた3回戦全8試合の結果は以下の通り。

矢板中央 1-2 富山第一
桐光学園 2-2(PK4-5) 青森山田
星陵 1-0 中京大中京
各務原 0-3 明徳義塾
松山工 1-2 駒沢大高
神戸弘陵学園 1-2 國學院久我山
東福岡 0-0(PK4-3) 市立船橋
帝京第三 1-3 前橋育英

 5日に予定されている準々決勝の組み合わせは以下の通り。

星陵vs明徳義塾
駒沢大高vs東福岡
青森山田vs富山第一
國學院久我山vs前橋育英

【了】

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top