五輪予選へ向け戦力充実のタイU-23代表。日本と同組の“伏兵”に寄せられるサプライズの期待

12月29日、リオ五輪の予選も兼ねて1月12日からカタールで行われるAFC U-23選手権に向けた23名のタイ代表が発表された。その中には、W杯2次予選でF組首位を走るA代表のメンバーが多数選出されている。タイはサウジアラビア、北朝鮮、日本という強豪ぞろいのB組に入ったが、1968年のメキシコ大会以来約半世紀ぶりとなる五輪出場へ向けて、活躍が期待されている。

2016年01月05日(Tue)12時04分配信

text by 長沢正博 photo Masahiro Nagasawa
Tags: , , ,

中盤、サイドを中心に魅力あるメンバーが集結

五輪予選へ向け戦力充実のタイU-23代表。日本と同組の“伏兵”に寄せられるサプライズの期待
チームのキャプテンを務めるチャナティップ【写真:長沢正博】

 U-23タイ代表のキャプテンに指名されたチャナティップ・ソンクラシン(BECテロー・サーサナ)は、いまやA代表でも中核の選手となっている。高い足元の技術と小柄な体に似合わぬフィジカルでマークを引きつけ、味方のチャンスを演出。チャンスとあればスピードに乗ったドリブルでゴール前に攻め上がる。

 日本は左右の両足から放たれる力あるミドルシュートにも注意したい。昨シーズンは怪我もあって本調子とはいかなかったが、チームのキーマンであることは変わりない。

 左サイドバックのピーラパット・ノートチャイヤ(BECテロー・サーサナ)はキープ力があり、縦への鋭い突破、意表を突いたインサイドへの仕掛けには要警戒だ。A代表ではティーラトン・ブンマタン(ブリーラム・ユナイテッド)の控えに甘んじているが、攻守にわたって高い能力を持っている。

 フランス生まれの右サイドバックのトリスタン・ドー(BECテロー・サーサナ)は、2015年にシンガポールで行われたSEA Games(東南アジア競技大会)ではまだ控えだったが、その後のW杯2次予選では、それまで右サイドバックを定位置としていた同じU-23代表のナルバディン・ウィーラワットノドム(ブリーラム・ユナイテッド)からスタメンの座を奪うなど活躍を見せている。

 ディフェンス、中盤もこなすタナブン・ケーサラット(BECテロー・サーサナ)は、ボール奪取と優れた状況判断が持ち味で、守備のキーマンの一人となるだろう。彼もA代表の常連。MFティティパン・プアンチャン(ムアントン・ユナイテッド)は、2015年は若手中心の所属チームの中で主力として奮闘しリーグ2位に貢献、A代表にも招集されている。

 12月、FC東京の練習に参加したU-19タイ代表キャプテンのMFウォラチット・カニットシリバンペン(チョンブリ)も最終の23名に残った。トラップ、ドリブル、シュートと全てにおいて高い能力を持ち、将来が楽しみな選手だ。2012年にはチョンブリが提携するJリーグのヴィッセル神戸に短期間、留学している。

 その他にも、タイ人らしからぬボールタッチとその風貌でタオジーニョの愛称を持つMFタナシット・シリパラー(バンコク・グラス)、ディビジョン1(実質2部リーグ)で首位を独走して優勝したポリス・ユナイテッドでリーグ戦チーム一のアシストを記録したMFパコーン・プレムパック、体は小さいがクリエイティブなプレーが持ち味のMFサハラット・ガンヤーロート(チェンライ・ユナイテッド)など中盤、サイドを中心に充実したメンバーが揃った。

1 2 3

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top