浦和、ユース出身の4選手の期限付き移籍を発表。DF岡本は湘南へ

2016年01月07日(Thu)12時22分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

浦和、ユース出身の4選手の期限付き移籍を発表。DF岡本は湘南へ
今年は湘南でプレーするDF岡本拓也【写真:Getty Images】

 J1の浦和レッズは7日、ユース出身の4選手が期限付き移籍することを発表した。

 昨年は栃木SCへ期限付き移籍したFW阪野豊史とDF茂木力也は愛媛FC、MF斎藤翔太は水戸ホーリーホックでプレーする。DF岡本拓也は、J1の湘南ベルマーレでプレーすることとなった。

 それぞれ期限は2016年シーズン限りまでとなり、浦和戦を含む全ての公式戦に出場できる。

 浦和ユースから明治大学を経て2013年に浦和のトップチームに加入した阪野は、2年間で公式戦17試合の出場にとどまり、昨年プレーした栃木では41試合6得点を記録した。

 茂木と斎藤は昨年からトップチームに昇格したが出場機会はなく、ともにJ2で経験を積むこととなる。

 2010年からトップチームでプレーする岡本は2013年8月から1年半をV・ファーレン長崎でプレーし、昨年から浦和に復帰したが3試合の出場に留まった。

 岡本は浦和のオフィシャルサイトを通じ、「自分自身がもっと成長したいという気持ちが強く、この移籍を決断しました。浦和のサポーターの皆さんにも『岡本拓也がんばってるな』と言われるようにがんばってきたいと思います」と古巣のサポーターに成長を誓った。

【了】

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top