元名古屋のL・ドミンゲス、母国復帰を目指すも…J時代の負傷がネックに

2016年01月10日(Sun)12時18分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

元名古屋のL・ドミンゲス、母国復帰を目指すも…J時代の負傷がネックに
名古屋グランパスを退団したレアンドロ・ドミンゲス【写真:Getty Images】

 昨年までJ1の名古屋グランパスでプレーしたMFレアンドロ・ドミンゲスは、母国ブラジルのヴィトーリア加入に近づいているようだ。ブラジル『バイーア・ノア』が伝えている。

 L・ドミンゲスは2010年に当時J2だった柏レイソルに加入。32試合で13得点を記録してJ1昇格に貢献すると、昇格初年度でJ1優勝という偉業の立役者となり、自身もリーグMVPを受賞した。

 名古屋には2014年6月に加入するも、昨年は度重なる負傷に悩まされてリーグ戦わずか3試合の出場にとどまっていた。名古屋との契約は昨年末で満了となり、退団していた。

 同メディアによれば、L・ドミンゲスは母国ヴィトーリアでメディカルチェックを受ける予定となっているが、まだ正式に加入には至っていないという。Jリーグ時代の負傷歴がネックとなっているようだ。

 L・ドミンゲスは、「コンディションは良く、プレーするのにフィットしている。何の問題もないよ」と負傷の影響はないと強調している。

 ヴィトーリアのマヌエル・マトス副会長は、「彼は昨年けがをしており、手術を受けている。最後の2シーズンは好調ではなかったし、判断する必要がある」と、L・ドミンゲス加入に慎重になっている。

 32歳の元JリーグMVPは、母国でプレーを続けることができるのだろうか。

【了】

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top