神戸、韓国代表MFチョン・ウヨンが中国へ。クラブ史上初の外国人主将務める

2016年01月13日(Wed)15時30分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

20160113_Jung_getty
中国の重慶力帆に移籍する神戸のチョン・ウヨン【写真:Getty Images】

 J1のヴィッセル神戸は13日、韓国代表MFチョン・ウヨンが中国スーパーリーグの重慶力帆FCに完全移籍することを発表した。

 チョン・ウヨンは2011年に慶熙大学から京都サンガF.C.に加入。2013年にジュビロ磐田へ移籍し、2014年から神戸でプレーしている。昨年はクラブ史上初の主将を務め、32試合に出場していた。

 韓国代表として10キャップを保持しており、ロンドン五輪では銅メダルを獲得している。

 神戸のオフィシャルサイトを通じ、「ヴィッセル神戸は僕にとって、あまりにも多くのものを与えてくれたチームです。皆様が、僕にくださった情熱や応援は絶対に忘れる事はできません。これからもずっとヴィッセル神戸を応援します。いつかまた神戸に戻り、ノエスタのピッチに立ちたいです」とサポーターに感謝のメッセージを送っている。

 プロキャリアの全てを日本に捧げてきた外国人主将が、自身初めて異国の地でプレーすることになった。

【了】

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top