湘南の新主将に就任した高山。同い年の前主将から受けた刺激と新たな決意

3度目の挑戦で悲願のJ1残留を果たした、湘南ベルマーレの新キャプテンにFW高山薫が就任した。前キャプテンのMF永木亮太(鹿島アントラーズ)、ハリルジャパンにも選出されたDF遠藤航(浦和レッズ)らの主軸が抜けた今オフ。苦戦を余儀なくされるのでは、と不安視されるベルマーレを、持ち前の明るいキャラクターとJ1でも群を抜く運動量の多さでけん引していく。

2016年01月16日(Sat)9時00分配信

text by 藤江直人 photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

即答できなかった主将就任の要請

GettyImages-474465470
湘南の新主将に就任する高山薫【写真:Getty Images】

 選手たちに生じた些細な変化や、心のなかで考えていることを瞬時かつ的確に見抜いてきたからか。湘南ベルマーレを率いる曹貴裁(チョウ・キジェ)監督が「占い師」、あるいは「透視能力の持ち主」なるあだ名をつけられて久しい。

 5シーズン目の指揮を執ることが決まり、新チーム作りに着手した直後のこと。鹿島アントラーズへ移籍したMF永木亮太の後任となるキャプテンを、FW高山薫に決めたときもその心理を把握していた。

「自分がやらないと、と思っていたんじゃないですかね。実際にやるか、やらないかは別にして」

 果たして、2011年シーズンに専修大学から加入して、柏レイソルでプレーした2014年を経て再びベルマーレでプレーするキャリアを描いてきた高山は、苦笑いしながら本音を明かす。

「もしかしたら、というのは若干…若干ですけどありました」

 つかの間のオフを満喫し、新たな戦いへ向けて鋭気を養っていた昨年末。高山のスマホにおもむろに着信が入った。発信者は曹監督。新キャプテンへの就任を要請された。

 もっとも、心の片隅に「覚悟」の二文字を忍ばせていたはずの高山は、即答を避けている。年末年始を考える時間に充てたいと電話越しにチョウ監督に願い出て、了承された。

「やはりチームなので、自分がキャプテンをすることで、チームがポジティブになると思えるのならばいいんですけど。もともとキャプテンシーがあるタイプではないし、実際にキャプテンになるという雰囲気もなかった。

 湘南に入って1年目のときなんて、誰もオレが後にキャプテンになるなんて思ってもいなかったはずですよ。なので、いきなり言われても『オレはできる』なんて思えるはずもなかったし、その意味でちょっと考えたかったというのはあります」

1 2 3 4 5

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top