レアルの歴史を変えるか。5得点生んだジダンの“能力”と機能不全生んだ今後への課題

リーガエスパニョーラ第20節、レアル・マドリーはホームでスポルティング・ヒホンと対戦して5-1と快勝。ジネディーヌ・ジダン監督は就任から2連勝となり、5得点すべてを上げた前半は完璧な内容だった。しかし、一転して後半は機能不全に。今後に向けての課題が浮き彫りとなった。

2016年01月18日(Mon)11時14分配信

text by 海老沢純一 photo Getty Images
Tags: , , , , ,

完璧なサッカーを繰り広げた45分間

レアルの歴史を変えるか。5得点生んだジダンの“能力”と機能不全生んだ今後への課題
ジネディーヌ・ジダン監督【写真:Getty Images】

 ジネディーヌ・ジダンというサッカー史に残る偉人を新監督に迎えたレアル・マドリー。その初陣はデポルティボを相手にホームで5-0という最高の結果を手にしていた。そして、第2戦となる今節は2戦続けてのホームで、スポルティング・ヒホンと対戦した。

 ヒホンは今季ここまで4勝3分け11敗の勝ち点15で降格圏の18位と苦しい戦いを強いられている。それだけにホームのマドリーにとっては勝ち点3のみならず、何点奪って勝つかという一戦だった。

 前半の45分間、マドリーは完璧なサッカーを繰り広げた。ベイルの先制ゴールを皮切りにロナウド、ベンゼマ、ロナウド、ベンゼマの計5ゴールを決めた。

 この得点シーンを見ると、1点目はクロースの蹴ったCKをベイルが頭で、2点目はベイルのインターセプトからカルバハル、ベンゼマとつないでロナウドが反転シュート。3点目はベイルのクロスにベンゼマがバイシクルで、4点目はカルバハルのクロスにロナウドが合わせてゲット。そして5点目はイスコが浮かせたボールをベンゼマが流し込んでのゴールとなった。

 反転シュートやバイシクルといった個人の身体能力が発揮されたゴールもあり、何より全てのゴールに完璧なアシストが付くなど複数の選手が絡んで生み出された5得点だった。

 この45分間、マドリーは最終ラインから前線までが常に同じ方向を向いてプレーすることができていた。これは前節でも同様だったが、2戦続けてクリアできたことはジダン監督にとっても手応えとして残ったはず。

 球技の多くは、攻撃と守備という2つに分けることができる。野球のようにはっきりとした攻守の交代がないサッカーのような競技では、局面ごとにチーム全体の意識を変化させつつ統一しなくてはならない。

1 2 3

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top