香川、S・プラハ戦を”軽いウイルス性の胃腸炎”で欠場。ボルシアMG戦に影響も?

2016年01月22日(Fri)11時41分配信

photo Getty Images
Tags: , , ,

香川、S・プラハ戦を”軽いウイルス性の胃腸炎”で欠場。ボルシアMG戦に影響も?
最後の練習試合を病気で欠場した香川真司【写真:Getty Images】

【ドルトムント 3-1 スパルタ・プラハ 練習試合】

 ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司が、最後の練習試合となった19日のスパルタ・プラハ戦を病気のため欠場した。

 前半から積極的な攻撃を仕掛け相手を押し込むと、41分にピエール=エメリク・オーバメヤンが先制点を決める。しかし、後半開始直後の49分に一瞬の隙を突かれてS・プラハのダビド・ラファタに同点ゴールを決められてしまう。

 それでも65分に再びオーバメヤンのゴールで勝ち越すと、直後の68分にもヘンリク・ムヒタリアンが追加点を決めて一気に相手を突き放した。そのまま試合は終了し3-1でドルトムントが勝利している。

 ウインターブレイク中の練習試合でフランクフルト、全北現代、S・プラハと3連勝したドルトムント。23日には首位のバイエルン・ミュンヘンに唯一黒星を付けたボルシア・メンヒェングラッドバッハ(ボルシアMG)と対戦する予定だ。

 S・プラハ戦で欠場した香川については、トーマス・トゥヘル監督が「軽いウイルス性の胃腸炎にかかった」と説明している。間近に控えるボルシアMG戦に影響する可能性があるかもしれない。

【得点者】
41分 1-0 オーバメヤン(ドルトムント)
49分 1-1 ラファタ(S・プラハ)
65分 2-1 オーバメヤン(ドルトムント)
68分 3-1 ムヒタリアン(ドルトムント)

【了】

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top