吉田所属のセインツ監督、チェルシー次期指揮官に名乗り「最高レベルを達成したい」

2016年01月23日(Sat)18時55分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

サウサンプトンのロナルド・クーマン監督
サウサンプトンのロナルド・クーマン監督【写真:Getty Images】

 チェルシーはジョゼ・モウリーニョ前監督を解任し、フース・ヒディンク監督を招聘したものの、来季以降の監督人事は不透明のままだ。

 ヒディンク監督は今季限りまでの暫定監督であり、クラブは来季から指揮を執る“本命”を見つけ出さなければならない。

 これに対し、日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンを率いるロナルド・クーマン監督が立候補している。

「もしフースが私のために良い評判を残してくれれば、大きな影響があるだろう。私はいつもできる限り最高のレベルを達成したいと思っている。オランダではそれができた。そして、海外でも達成したいと思っている」

 クーマン監督はアシスタントコーチとして務めたバルセロナで指導者のキャリアをスタートさせ、アヤックス、PSV、バレンシアなどのクラブを率いてきた。オランダ時代にはアヤックスで2度、PSVで1度のリーグ優勝の経験がある。

 昨季、“セインツ”(サウサンプトンの愛称)の指揮官に就任し、今季でプレミアリーグ2年目となる。

 チェルシーの指揮官候補として今季限りでバイエルンを退任するジョゼップ・グアルディオラ監督やユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督などの名前が挙がっている。

【了】

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top