カタルーニャTV、レアル選手のラフプレーをハイエナに形容も無罪判決

2016年01月29日(Fri)12時11分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

レアル・マドリーのクリスティアーノ・ロナウド
カタルーニャTV局がレアル・マドリー選手をハイエナに形容【写真:Getty Images】

 マドリッド高等裁判所は、レアル・マドリーのラフプレーを揶揄したビデオを制作し放映したカタルーニャ州放送局TV3に無罪との判決を下した。28日付けスペイン紙『マルカ』が報じている。

 カタルーニャ州放送局TV3はマドリー選手のバルセロナに対するラフプレのファウル集を、マドリーの選手たちを動物のハイエナに例えたナレーションを加え制作し、同年2月13日に自局の番組内で放映した。同映像にはDFペペ、DFアルバロ・アルベロア、当時マドリー所属であった現バイエルン・ミュンヘンのMFシャビ・アロンソ、現アーセナルのMFメスト・エジルが描かれている。

 マドリー側は地方裁判所へ「クラブの名誉への不法な干渉」として訴え、600万ユーロ(約7億7900万円)の損害賠償を請求し、地方裁判所からTV3幹部3名にそれぞれ2万ユーロ(約260万円)の損害賠償の支払い判決が出されていた。

 カタルーニャ州放送局TV3はマドリッド高等裁判所へ上訴し、無罪の判決が下された。裁判所は「許容範囲内の批評」であり「TV3が制作したビデオの放映は損害にはならない」としている。

【了】

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top