仲間の死、スタジアム爆破。イラク、度重なるテロを乗り越えて掴んだ涙の五輪出場

リオデジャネイロ五輪出場のラスト一枠を争うAFC U-23選手権の3位決定戦が現地時間29日に行われ、イラクとカタールが対戦した。120分の激闘を末、2-1で試合は終了。イラク代表がアテネ大会以来3大会ぶり5回目のオリンピック出場を決めた。数々の困難を乗り越えての五輪出場。それはサッカー界を超えた国の期待を背負った挑戦だった。

2016年01月30日(Sat)11時21分配信

text by Keiske Horie photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

イラクを襲った度重なるテロの恐怖

涙の五輪出場を決めたU-23イラク代表
涙の五輪出場を決めたU-23イラク代表【写真:Getty Images】

【イラク 2-1 カタール AFC U-23選手権3位決定戦】

 2016年1月29日。イラクサッカー界にとって歴史的な一日となった。

 90分を終えて、U-23イラク代表対カタール代表は1-1の同点。勝負は延長戦にもつれ込んだ。両者に疲れが見えつつも懸命にプレーを続けた109分、アイメン・フセインが頭でゴールにねじ込みついにイラクが逆転に成功した。

 そのまま試合は2-1で終了。イラク代表はアテネ大会以来3大会ぶり5回目のオリンピック出場を決めた。

 イラク代表にとって、今回の五輪出場権はサッカー界を超えた国民の期待を背負っていた。国内情勢が不安定を極め、度重なるテロの恐怖が国を覆った。

 昨年3月にはイラクの首都バグダッドで爆弾テロが発生。U-23イラク代表のマフディ・アブドゥル・ザフラが事件に巻き込まれて命を落とした。ザフラは19歳にしてU-23代表に選出された希望だった。

 そして、同年7月にはアル・アンバルスタジアムがIS(イスラミックステート)によって爆破された。約3万人収容の巨大なアル・アンバルスタジアムは、戦時中ということもあって完成から未だ一度もスポーツに使われたことがなく、イラクスポーツ界復興の象徴として機能するはずだった。

 日本代表との親善試合で0-4と大敗を喫した際にも、アクラム・セルマン監督は「戦争の影響も選手たちのパフォーマンスに影響を与えている」と語らざるをえなかった。それだけイラク代表選手たちは追い込まれていたのだ。

1 2

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top