ネイマール、脱税の容疑で起訴。バルサ移籍に当たって不正か

2016年02月03日(Wed)15時26分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

ネイマール
裁判所に出廷したネイマール【写真:Getty Images】

 ネイマールは現地時間2日、バルセロナ移籍にあたって不正容疑があったとしてスペイン裁判所に出廷した。『アス』などが伝えている。

 ブラジル当局はネイマールや父親、バルセロナまジョゼップ・マリア・バルトメウ会長らを脱税と文書偽造などの容疑で起訴。ネイマールは裁判所で証言を求められた。

 ネイマールがバルセロナに移籍した際の移籍金は当初5710万ユーロ(約74億2300万円)と発表されていたが、スペイン司法当局によれば、実際の金額は8330万ユーロ(108億2900万円)であり、その差額がネイマールとその家族に支払われていたという。

 ブラジルの投資ファンド『DIS』社はネイマールの権利の40%を保有していたため、サントスに支払われる移籍金の40%を得られることになっていたが、公表金額が異なっていたため、本来得られるはずだった金額が満額支払われていないと主張している。

【了】

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top