リバプール、移籍期間最終日にインテルFW狙っていた? 39億円提示も獲得失敗

2016年02月04日(Thu)6時32分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

マウロ・イカルディ
リバプールが獲得を目指していたマウロ・イカルディ【写真:Getty Images】

 リバプールが移籍期間最終日にインテルに所属するアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディ獲得に動いていたが、オファーを拒否されていたようだ。2日に伊メディア『フットボールイタリア』が報じている。

 同メディアによると、リバプールは移籍金2270万ポンド(約39億1000万円)のオファーを提示したがインテルに断られたとのこと。移籍期間最終日だったこともあり、代わりの選手を見つけてくる時間もなかったことが拒否した理由の一つにあるようだ。

 イカルディは今季公式戦20試合に出場し8得点を決めている。リバプールは得点力アップのためにイカルディ獲得を考えていたようだが、それは実現することなく移籍期間が終了した。最近公式戦3試合で無得点が続いているリバプールだが、現有戦力でなんとか状況を打開したいところである。

【了】

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top